看護師のストレス解消方法 ヨガ・ランニング・瞑想などなど

看護師さんにぜひ試してもらいたいストレス発散方法をいくつか紹介します。


1.ヨガやストレッチ

ストレスを感じるとき、体の筋肉も緊張気味になります。筋肉が硬くなると血行が悪くなりそのせいで、頭痛やめまいがしたり、動悸が激しくなって気分が悪くなることもあります。
そこでヨガやストレッチをしてからだをほぐせば、血行も良くなってストレスによる身体症状を軽減することができます。


2.ランニングやスポーツ

身体を動かすのは血行促進にもなりますし、運動を通じて分泌されるホルモンにはストレスを和らげる効果があることもわかっています。
激しい運動をしてしまうと、逆にストレスを強めることになるので、息が軽く切れる程度のランニングや、軽めのスポーツをするのが良いですよ。


3.瞑想

意外と侮れないのが瞑想です。部屋を暗くして音もできるだけなくした状態で目を閉じます。自分がリラックスできるなら、どんな姿勢でも構いません。
何も考えないようにして、ただ数分過ごします。「何も考えない」というのも、難しいものがあるので「バラスのボールに乗って座る」とか「平均台の上を歩く」といったイメージを持つと良いですよ。


こうやって、ストレスからできるだけ遠ざかる経験をすることで、ストレスによる影響を減らすことができますよ。